白いギター

中学3年から始めたエレキギター(呼び方が古い・・・)、もう30年以上になる。
最初は高中だった。SUPER TAKANAKA LIVE、虹伝説を聞いてギターを手にした。

そして高校1年の時、友達が「これいいよ」とレコード(まだCDはなかった)を貸してくれて聴いてぶっ飛んだ。
それがRAINBOW(韓国のアイドルグループじゃないよ!)。
アルバム「ダウン・トゥ・アース」の1曲目のリフを聴いて「これだ」みたいな。
このバンドのギタリスト、リッチー・ブラックモアにどっぷりハマった。
テクニックが凄いとか、音が正確だとかそんなんじゃなくて、
存在感とかカリスマ性とか・・・口じゃ言い表せない物がある。

この疾走感。このステージ観に行きましたよ武道館に、3月雪の日だったなぁ。

この人、ギターソロはキメの部分以外はレコード通り弾かないんでライブでは結構プレイに当たりハズレが
ある人なんだけどこの曲の3:20からのソロなんて絶品です。

う~ん、しびれるね。1984の映像だけど今観てもカッコイイ。

そんなこんなでのコレ

リッチーといえばスキャロップ。掘り方も本物と一緒だとか。

リッチー好きなら持ってなきゃいけない1本。
横の紙は高校時代に音楽雑誌から切り抜いて30年ずぅ~っと持ってた写真。

そうです、ついにリッチー・ブラックモア シグネチャーモデルを入手。
何から何までリッチー仕様、ストラップのエンドピンまで同じ!!
ネックも本物から型をとって細身に仕上げてるとか、センターPUは本人使わないのでダミーな所とか、
そのうちピックガードもミントにしてステンレス極太アームも手に入れて・・・
興味ない人には何言ってんだかわからんね。

このフレイムが出たネックも気分を盛り上げます。


ネックも調整して、ブリッジもフローティングさせてバッチリ。
もうこのギターではRAINBOW以外は弾きませんっ。

この記事へのコメント