FXへ

ついにフルサイズへ移行しました。

ミノルタX7から始まってEOS5までフィルム一眼を使ってきて、コンデジから2008年にD40でデジタル一眼デビュー。
翌年すぐにD90を入手してキャンプや旅行に行った時なんかによく使ってた。
2012年に長女が産まれ35mm単焦点(FX換算52mm)を買って撮りまくり、広角ズーム、標準ズーム、単焦点の3本体制で満足してFXには行かないって決めていた。でも9月に次女が産まれ「室内ではf1.8ではなくf2.8~f4くらいで撮りたい」、するとD90での高感度撮影に不満が出てきた。外では走り回る長女にボケない標準レンズや焦点距離の短い単焦点では厳しくなっていた。
「17-55f2.8買うか・・・いやボディが先じゃないのか・・・」検討した結果、高感度に強いD7200と60~85mmあたりの単焦点買えば解決するんじゃないかと。D7200に決まりかけてた時に「おい、もう少し出せばD610買えるじゃん」と悪魔の自分が囁いた。「いやいやD7200で十分」と振り払おうとしてた頃、娘の七五三のポートレートをCANON6Dで撮る機会があり、その吐き出す画に驚愕してしまった。(D90で止まってるから。きっと最新のD7200でも綺麗に撮れるのだろうが・・・)
そうなってしまったら最後、もう頭の中はFX一本に。D610で行こう、そしたらまた囁きが「いやいや、それだったら最新のD750だろう」
もう、やめてくれぇぇぇ~!


はい、悪魔の誘惑に負けてしまいました。
最近のFXは昔みたいに「デカイ、重い、高い」だけじゃなくてコンパクトで軽量なモデルもあるって事も後押ししたし、D750には今自分の欲しい機能がすべて詰まっていた。


まずボディが薄いんだ!D90より薄い!だからグリップする指もよくかかる。
軽量コンパクトで持ち出すのも苦にならない。


フジのコンデジでよく使用するWi-Fi接続機能。NIKONのアプリが良くないって話もあるけど接続に全く問題なかった。


FXシリーズ初のチルト液晶モニター。野外で地面すれすれから子供を撮ったりするとき便利。
今までは這いつくばって撮らなきゃならなかったから、初老をすぎた身体にもうれしい機能。


早速外でポートレート撮ってみたけどD90とはかなり違ったよ。色、立体感!!
室内撮影もD750なら高感度に強いからナノクリ24-120mmf4ズームでもなんとかなる・・・かな。

でもFXに行くとレンズ沼ってのが口あけて待ってるんだよなぁ。
ナノクリf1.4単焦点シリーズや大三元(広角、標準、望遠f2.8通しズーム)は高額で手が出ないと思ってるけど、
小三元(広角、標準、望遠f4通しズーム)あたりは財布の紐をガッチリ締めておかないと、気がついたらカードで・・・みたいな事になっちゃうからねぇ。

D90では35mmf1.8、10-20mm広角ズーム、16-85mm標準ズームで足りてた。
ほぼカヤックキャンプ限定の広角ズームは引き続きDXで使うつもり。
だからD750は標準ズームと中望遠の単焦点があれば大丈夫かなって思ってるんだけど・・・。
単焦点は85mmf1.8か60mmf2.8マイクロのどちらかを買おう。

幼稚園行ったら運動会で望遠ズーム必要かな、それとも運動会はビデオメインになっちゃうか・・・。

う~ん、年が明けたら色々考えてみようっと。

この記事へのコメント