うれしい誤算で悩み勃発。

フジフイルムのX-M1、先週末の休みで撮りまくってみた。


コンパクトサイズのボディにAPS-Cサイズのセンサーとフジノンレンズ。想像以上の写りで大満足。

ファンクションボタンにISO感度設定を割り当てて、WBや露出はダイヤルやボタンですぐに変更できる、
コマンドダイヤルも2つあるし、「モニター晴天モード」がQボタンの長押しで呼び出せたりして使いやすい。
普通のデジカメだとメニュー画面から探さないとならない設定がすぐできるのは便利。
レンジファインダーっぽいデザインもカッコイイし、かな~り気に入りましたよ。

逆に不満に感じたところは、2点。
・AF-C(シャッター半押しで動く被写体にフォーカスし続ける)がない。
・背面液晶だけではピントの山が見えにくい(老眼進行中)。

いままではAF-Cなんてあまり使わなかったのだが、子供を撮ってるとあると便利。
ファインダーはいらないなんて言っておきながら、レンズがとても良いからやはり欲しくなった。

ミラーレスでAPS-Cサイズのセンサーってフジ、キャノン、ソニーしかなくて、
キャノンもソニーもデザインに魅力を感じない。
フジでコンパクトサイズでAF-Cとファインダーがある機種・・・X-T10ってのがありますぜ、旦那・・・。


X-M1と幅、奥行きはほぼ一緒で高さが少し高いだけ。
レバーひとつでフルオートにできるからカミさんも使える。
当初、ボディだけでも結構高価だから見送ったところもあったのだが・・・。

しかし、うれしい誤算があって、
機材整理だとオークションに出したレンズがどれも予想をはるかに超える値段で落札されていく。
調子に乗って使っていないプロトレック、リールも出したら、あっという間に10万を超えた。

X-M1やめてX-T10行っとくか??
でもそうするとM1ではズームレンズ1本で割り切ろうとしたけれど、
T10じゃ広角ズームや単焦点レンズを揃えたくなって「手軽なお散歩カメラ」じゃなくなるぞ。
下手したらD750持ち出さなくなるかもよ~。
う~ん、それならいっそニコンからフジにマウント換えしてX-T1メインM1サブって体制にしちゃう??


おいおい、話が違う方向にいってないか?
確かにデザインは魅力的だけど、T-1、T-10みたいにシャッタースピードダイヤル、ドライブダイヤル
があったって、使うのはほとんどシングルシャッターに絞り優先モードだし。

それにD750と60mmマイクロの組み合わせは鬼のような描写じゃないか。
子供、赤ちゃん撮りに、これ以上の組み合わせはないでしょうよ!!


順当に考えたら、その「うれしい誤算」でニッコールレンズ買うのが普通だろ。
でも、24-120F4と60F2.8マイクロがあれば今のところ他にほしいレンズないんだよね~


そうそう、M1使ったら残念なことにX20の出番が完全になくなった。
X20だってポケットに入る小ささじゃないし、結局バッグに入れて持ち歩くのならM1と同じ。
ドナドナかなぁ・・・。


T10かT1かニッコールレンズか・・・
「うれしい誤算」がなければ悩まなくてすんだのに。

貯金だろ、将来のために貯金!!
なんて声が聞こえてきそうだな。


この記事へのコメント