長女にカメラを

親父がカメラばっかりいじってるのを見て、自分も撮りたくなったんだろうね。

富士フイルムのF800EXR渡して撮らせていたのだけど、会社で使うので持っていったら「自分のがない。」って言う。
じゃぁってことで買ってあげました。

SONY サイバーショットDSC-W570D(2011モデル)

DSC-W570Dはボディにデザインパターンやラインストーン装飾を施したジュエリー装飾モデル。
もちろん中古で格安入手。

ズームレンズは「カールツァイス バリオ・テッサー」(35mmフィルム換算:25-125mm)

だけど米粒並みの1610万画素1/2.3型CCDセンサーだから画質は度外視です。
720p(1280×720ドット/30fps・MP4形式)のハイビジョン動画撮影も行えるみたい。

撮影モードは、おまかせオート、かんたん撮影、プログラムオート、動画撮影、パノラマ撮影、シーンセレクション。

操作も簡単で、モード切り替え、ズーム撮影、再生、削除を4歳児でもすぐに覚えられたけれど、
まだ半押ししてピント合ってからシャッター切るのがうまくできない。
手ブレ補正機能ついててもピンボケ写真ばかり。

大きさは名刺サイズで100グラムちょっと。小さくて軽い。

毎日動画で自分の歌ばかり撮ってるもんだから、バッテリーが半日しかもたない。
でも「宝物」って言って楽しんでるからいいか。

この記事へのコメント