避暑地を求めて - 野反湖キャンプ場

暑い! 暑すぎる!!
こんな時は平野部を脱出して標高1000m以上の高地でキャンプだっ!
よし、カヤック持って中禅寺湖に行こうっ。っと思い立ったのだが、HP見てみたらどうやらこの週末は林間学校で規制アリですと。
菖蒲ヶ浜キャンプ場に電話して聞いてみたら「テントサイト半分つぶれる」との事・・・
ただでさえこの時期混むのに~。前後左右ビッチリテントってのも窮屈だし、学生たちから「おじさん、しけた顔してないで一緒にキャンプファイヤーで盛り上がろうぜ」なんて言われたら困っちゃうし~。

という事で行先変更、野反湖に行きました。
RXV04223.JPG
「天空の湖」とか「本当に気持ちいいキャンプ場1位」とかで数年前から行ってみたいと思っていた場所。
だけど気軽に家族で行ける所じゃない、IC降りて2時間弱峠道(子供が酔う)だとか、駐車場からリヤカーで1Km弱のアップダウン(体力不足)とか。
チェックインは10時、フリーサイトだから早く行かなきゃと朝4時過ぎに出発。9時30分ころ到着。
RXV04225.JPG
受付を済ませたらキャリーカートに荷物を積んでテントサイトへ。

とりあえず、広場の最前列を確保したものの、設営し終わってから「この場所、ゲリラ雷雨来たら水たまりになりそうだ」と心配になる。
ALF02403.JPG
テントはヒルバーグのウナにスノーピークのペンタを小川張り
ALF02400.JPG
そうです、奥さんと娘2人はお家でお留守番で、Y君とそれぞれソロテントキャンプ。
そして、この日の為にソロ用お楽しみセットを揃えたのです。
ALF02407.JPG
RXV04238.JPG
標高1500mとは言え、山間部の夏も暑いでしょう?
だからウナのインナーはメッシュ仕様に。
もし夜冷えてもいいようにダウンハガーの#3を放り込んどいた。
ALF02396.JPG
夜の焚き火に備えてせっせと薪割りも
RXV04232.JPG
夕方、米炊き始めたら、遠くで雷鳴が・・・。
RXV04243.JPG
ひとゲリラ来るぞと急いで肉焼いて夕食をすませた。
RXV04245.JPG
近くまで来てた雷鳴だが、奇跡的に雨も降らずに過ぎ去っていってくれた。
ああーいい景色だ~。
ALF02399.JPG
昼からずっと無風、夜になっても無風。
少しだけ肌寒くて、焚き火しながらウイスキー。
最高の時間。
でも残念ながらガスで星空は少ししか見えず。
ALF02418.JPG
朝、7時前で日差しがジリジリ暑い
RXV04251.JPG
ウナを表に出して、タープの日陰に移動して朝食。
RXV04257.JPG
RXV04259.JPG
RXV04261.JPG
RXV04262.JPG
ソロ用の装備、いる物、いらない物もわかったし、今後必要な物もわかった。
家族キャンプのフル装備、テン泊登山のミニマム装備、その中間ってことでよくわからなかったから。

いやぁ~、本当に気持ちいいキャンプ場だった。
リピートしたいけれど、やっぱりちょっと遠いわな。
RXV04233.JPG

この記事へのコメント

Y
2019年08月05日 09:21
おつかれさんでした。
いやーいいところだった。
たっぷり充電できました。
帰りは辛かったけど(笑)
オラ夫
2019年08月05日 22:36
まぁ確かに最後はホント「お疲れさん、無事でよかった」だね。
命の危険にさらされたからねぇ。
一方、キャンプは極楽。
あの時間を味わうとやめられない。
シニアの身体に負担かからないよう秋は平野部でやろう。
ラガブーリン
2019年08月09日 23:59
こんばんわ、今日までお疲れ様でした。
次回、参戦宜しくお願い致します!
ラガブーリン
2019年08月14日 23:51
こんばんわ、キタホ行ってきたヨ
オラ夫
2019年08月18日 14:55
北アルプスですか、いいですねぇ
こちらは子供たちとプール三昧です。