アテリーザの試し張り

久しぶりの平岡自然の家、ウチは試し張りやテント干したりするときに使用。
最近はキャンプやる人も増えて土日は混んでる印象。5~6年前はいつもガラガラだったのに。

さて、アテリーザ。当初は買うつもりなかった。

現在、ピルツ15T/Cとウェザーマスター270を天気やサイトの広さで使い分けているんだけど夏に涼しいキャンプ場を求めていくと標高の高い所になる。でもそういう所はよく雷雨がおきる場所。ピルツはコットンテントブームに踊らされて買っちゃったけれど、できるだけ濡らしたくないし、デカい、重い。区画サイトではタトンカのタープと両方立てれる所は少ないって事で、年に10回ほどのキャンプの内、半分以上はウェザーマスターになっちゃう。

娘からは「今日はとんがりテントじゃないの~」、「とんがりがイイなぁ~」キャンプの絵描かせてもとんがりテント。
そう娘のキャンプのイメージはとんがりテントそうだよねぇ、
自分が描いたってそうなるもん、ドームテント描かない。イメージは大事にしてやらにゃと、雨でも区画でも使えて涼しいとんがりテントを探しはじめた。

ピルツ12くらいのフロアサイズがいいんだけどピルツ12は上部が狭い。そんな声が届いたのかどうか知らんが、アテリーザが出た。

てっぺんの双耳峰は鹿島槍か谷川岳か・・・。
正体はこの2又ポール


風に対する強度がちょっと心配ではある。
でもコレのおかげで頭上は広々、出入り口の傾斜も立つからファスナーが開けやすい。

アテリーザは6角形なので8角形のピルツより出入り部分は間口が広くメッシュも大きい。


オガワのとんがりはボトム部分の各辺がメッシュになるし、この窓も風がよく入ってくる。

でも、雨降ったらすぐに閉じないと中まで濡れちゃうね。

後部の開口部もメッシュが大きくて、涼しそうだよ。

ピルツ15より一回り小さくて、生地も軽いから取り扱い易い。パッケージも小さくなってカヤックも積みやすくなるなぁ。

ハーフインナー付けて、カミさんと子供の3人入れて、オイラはインナー外でコットでも置いて寝るかな。
とんがりテント、今や各社挙って出しててすごい数あるけれど、我が家はやっぱりOgawa製。思ったより色もいい感じだし、娘も気に入ってくれたから一安心です。

"アテリーザの試し張り" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント